出典:

日本で遅くとも、10年以内には開業されるであろうIR(カジノを含む統合型リゾート」。各都道府県の地域と、カジノ企業や地元企業などが、協力して事業開設申請を行うのが大前提となっているが、日本全国の中でも、得に「大阪・夢洲(ゆめしま)」でのカジノ誕生を目指す、大阪に希望事業者が殺到している。

大阪府と大阪市が、2019年4月から募集を開始した、IRの事業案に1ヶ月で7社もの応募がある事がわかった。この7社には、世界の名だたるカジノ企業が入っている。

大阪での開業希望を提出したカジノ企業

ラスベガスの有名カジノ「ウィン」をはじめ、シンガポールセントーサ島でカジノを営業する「ゲンティン」、マリーナベイサンズでも有名な「ラスベガス・サンズ」。ライオンのマークで有名な」「MGM」は、オリックスと共同で行うとしている。

・ウィン・リゾーツ
・MGMリゾーツ・インターナショナル
・ゲンティン・シンガポール
・メルコリゾーツ&エンターテインメント
・ラスベガス・サンズ

大阪市の松井市長の話によると「トップ5は全て入っている」という事なので、名前非公表としている残り2社も、大凡の想像はつく所。

IR=カジノを含む統合型リゾートをめぐっては、大阪府と市が2025年の万博会場となる夢洲に誘致を進め、万博開催の前年、2024年にIRを開業させたい方針です。府と市は4月から国の基本方針発表などに先駆けてIRのコンセプトの募集を始めていて、これまでにIR事業者大手のMGMリゾーツとゲンティン・シンガポールが募集に応じたことを明らかにしています。30日、大阪市の松井市長は現時点で7社が応募していることを明らかにしました。

出典:

空港が近く、万博もひかえる大阪は魅力的

大阪が各カジノ企業に好まれるには理由がある。 それは、これまで成功している「ラスベガスやシンガポールなどの様に、人口が多く国際空港がある大都市」であるという点と、大阪がIRに誘致に対して積極的な点。

また、大阪は、ベイエリアに、ユニバーサルスタジオジャパンや、関西国際空港があるなど、追加するエンターテイメントとしてはベストな選択である。

日本に数年後に開業される、3つのカジノ施設の内の一つは、大阪に決まるのは間違いないかもしれない。

関連する記事

最新ニュース・トーナメント情報・人気ランキングなど、業界の旬なトピックが満載。ゲームレビューや動画・・・

Sponsored

ハードロック・インターナショナルの日本でのカジノ開設候補地は北海道・苫小牧!?

ハードロックカフェやハードロックホテル&カジノなど、世界的に有名なアメリカのカジノ企業「ハードロック・インタ…

カジノ通信社

日本に参入する3軒のカジノは、どのカジノになるのだろう。意思表明をしているカジノ企業…

日本のカジノが合法化される、カジノを含む統合型リゾート(IR)実施法案がついに成立。とりあえず、決まった法案…

JONNY

ハウステンボスのカジノリゾート化に4000億円。マリーナベイサンズ元社長が計画。

日本のカジノリゾート誘致を巡る戦いに新たな案が浮上。マリーナベイ・サンズの運営会社元社長のウィリアム・ワイド…

カジノ通信社

日本にカジノがやってくるのか!?統合型リゾート施設(IR)整備推進法案

いよいよ現実味もましてきた日本のカジノ合法化。今後どうなっていくのでしょうか?

SPIDERMAN

北海道でのカジノ開業を目指す7つの事業者が展示会でアピール。

国内3箇所という狭き門に選ばれる候補地はどこになるのか!?どうしても観光の目玉が欲しい北海道でカジノ開業を目…

カジノ通信社

関連するキーワード

この記事が気に入ったら「いいね!」や「シェア」しよう!

この記事を作成したキュレーター